出会いのチャンスのコツ

ロゴ
トップページ
<出会いのチャンスを無駄にしない>
出会いを求めている人は出会いをただ待っているだけではいけません。まず出会い系サイトなどに登録している場合にはメールを送って積極的に相手とのコンタクトを取ることが出会いのチャンスを無駄にしない方法ですね。そして相手から返事が来た場合には何でもいいので自己紹介的なメールを書いて趣味などもしってもらって自分について相手にアピールしてみると出会いのチャンスも発展します。もしも自己紹介の後に話のネタがなくなってどうしようかと思っている人の場合には、相手の話を聞くようにすると話がスムーズに進むかもしれませんね。出会いを求めている人にとって実際に会ってからもその出会いを活かすかということは自分の話術にかかってくると思います。 メールだけで何度か連絡を取り合って相手のことが分かってきたらいよいよ出会いのチャンス到来ですね。もしもいきなり会うことに相手が抵抗があるようでしたらメールの後は電話をしてみるというのもいいかもしれませんね。電話で話が弾んでいれば出会いのチャンスです。いよいよ実際に出会う機会が来たときでもそれほどあわてることはなくてスムーズに話が進むのではないでしょうか。あとはあなたの腕しだいです。

<素晴らしいサービスとして利用>
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)は現在、日本中の若者が当たり前のように利用するようになりました。無料で通話、チャット、掲示板も利用出来ますし、ちょっとした暇つぶしにゲームをして友達と競うことも出来ます。とくにチャット機能を有するSNSはもはやメールの代用として利用されるようになり、複数の友人と同時にチャットを楽しんだり、旅行やちょっとしたイベントなどの打ち合わせにも利用したり、非常に利便性の高いものとなっています。 このように内輪での通信手段として利用できるSNSですが、同時に見ず知らずの他人とも連絡を取れるという側面もあります。むしろ、そちらこそがSNSの本質です。しかしお気づきでしょうか?見ず知らずの他人と簡単につながることができる、ということは、出会い系サイトと同じなのです。SNSとは便利な通信手段であると同時に、危険性を秘めた出会い系ツールでもあります。 じつは出会い系サイトを利用した犯罪は、現在少しずつ減少傾向にあると言われています。これは法律の改正によって出会い系サイトへの規制が厳しくなってきたことが要因となっていますが、じつはそれだけではありません。出会い系サイトを悪用していた犯罪者が、SNSにそのまま移行してきているため、とも考えられているのです。 実際に最近は出会い系サイトによる犯罪よりも、SNSを利用しての犯罪の方が増加しています。しかし、SNSはあまりにも普及率が高く、日本経済を牽引するほどの市場に成長しています。安易に規制してしまえば、国家の経済に影響してしまうのです。もちろん、異性と出会うことを目的にSNSを利用することは禁じられており、SNS運営者はそれを監視する義務があります。しかし、SNSは「非出会い系サイト」として分類されることから、身分証の提示など必要なく、だれでも簡単に登録、利用できてしまうのです。つまり、監視の目が届かないところでいくらでも悪用可能なのです。ちなみに出会い系サイトの場合は利用者を個人確認を身分証の提示などによって行うことが法律で義務付けられています。 SNSが社会に定着した現在、犯罪者から身を守るために必要なのは利用者自身の警戒心なのです。顔の見えない相手を安易に信用しないこと、未成年が利用する場合はしっかりと保護者が監督すること、そのような基本的な部分を徹底すれば、SNSも出会い系サイトも素晴らしいサービスとして利用できるでしょう。


Copyright(c) 出会いのチャンスのコツ. All right reserved.